ごみの分別について考えてみよう

分別方法の差を理解しよう

地域によって分別方法が違うのはなぜ?

地域によって分別方法に違いが生まれる理由は、大きく分けて三つあります。
一つ目は、設備の差です。
分別方法が増えれば増えるほど、それに合った処理用の設備が必要になります。すべての地域で同じ設備が整っているわけではありませんので、設備の有無が分別の有無に直接関わります。
二つ目は、コストの差です。
地方自治体ごとに、ごみの処理にかけられる費用は異なります。
三つめは、人員の差です。人員の差には、二つの側面があります。まず、地域によって住んでいる人口は違います。人口が違えば、当然ごみの量も違います。人口が多ければ多いほど、ごみの量も比例して増えます。次に、ごみを処分する人の数です。適切な処理を行える人がどのくらいいるかによって、分別の複雑性の度合いが変わってきます。

分別方法の差を利用して

地域ごとに分別方法には差があります。その違いは、引っ越しの時に応用することができます。
個々の考えと地域の考えが合致する場所を探しましょう。
細かい分別は、地球環境保全に大いに貢献します。きちんと分別をすべきだと考える方は、分別が複雑な地域に住むと良いといえます。
一方で正しいごみ捨てができないと、ご近所トラブルの原因にもなります。分別方法が複雑になればなるほど、それを守れない人も増えてしまいます。自分はルールを守れても、周りの人が守らないかもしれない。そんなことでイラつきたくない人は、分別が比較的楽な地域に住むと良いと思います。
ごみの分別方法で居住地を決めるという考えはあまり一般的ではないかもしれませんが、日常生活を送るうえで必要不可欠なことなので、考えの一つとして持っておくと良いと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る